高千穂神社とその周辺

高千穂神社(たかちほじんじゃ)

高千穂峡にほど近い所に鎮座する高千穂神社です。
創建は古く、2000年ほど前とも言われています。鎌倉時代には源頼朝公の名代として、名将として知られた畠山重忠公が参拝し、奉納物も残っています。すごいですね〜歴史好きの私としてはロマンを感じずにはいられません。
皇室ご関係の方々もいらっしゃっており、お手植えの木が数本あります。木と言えば、この神社内には巨木があり、樹齢800年の杉や根元が繋がった不思議な「夫婦杉」などがあってこちらも一見の価値があると思います。
高千穂と言えば夜神楽ですが、この神社内にある神楽殿にて観光客向けに毎晩神楽が舞われます。(有料)大変好評らしく、結構多くの方々がご覧になります。高千穂にお越しの際はぜひご覧ください。
高千穂神社本殿
本殿側面にある彫り物
夜神楽が舞われる神楽殿
本殿に続く参道
樹齢800年の杉
根元の繋がった「夫婦杉」

鬼八塚(きはちづか)

鬼八の首塚です。
その昔、村人に悪い事をしていた鬼八(荒神)が三毛入野命らに退治され、体を三つに分けられ、そのうちの首が埋められたと伝承される塚です。
位置を下の地図でいうと「ホテル神州」さんの目の前にあります。

高千穂神社マップ