本文へ移動
Google

神楽酒造株式会社
宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸144-1
お客様係:0120-44-8801
代表TEL.0982-76-1111
代表FAX.0982-76-1118


酒類製造・販売
お酒は20歳になってから。
お酒は適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒には気をつけましょう。
飲酒運転は法律で禁止されています。

貯蔵・熟成

蒸留した焼酎をすぐに出荷!・・・というわけにはいきません。
なぜなら蒸留したての焼酎は、まだ若く、粗々しさが残っているからです。
一般的に、焼酎は寝かせるほどおいしくなると言われています。タンクや樽などに入れ、十分寝かせて熟成させた焼酎だけが「一人前の焼酎」として瓶詰めされ、出荷されます。

「一人前の焼酎」への成長

蒸留したばかりの焼酎は、水分子とアルコール分子がバラバラに存在していると言われており、これを寝かせる事により、水分子がアルコール分子の周りに結合していき、分子の固まり(クラスター)を形成すると蒸留直後のアルコール分子の刺激的な味が丸みを帯び、まろやかな焼酎になると言われています。
焼酎の飲み方の一つに「前割り(前日などに予め水で割って置いておく)」があります。前割りをすると焼酎がおいしくなると言われていますが、これも上記の仕組みと思われます。

長期貯蔵酒とは・・・

タンクや樽に入れ、3年以上寝かせた焼酎は「長期貯蔵酒」になります。
神楽酒造では、樽貯蔵した焼酎を長期貯蔵酒として製造・販売しています。
樽貯蔵酒の特長は何と言ってもそのまろやかさと芳香。長年寝かせる事により得られるまろやかさに木の芳香が加わって、何とも言えない味わいを醸します。
樽に貯蔵していると、木の呼吸により年間1〜3%ほど中身の焼酎が揮発します。誰が飲んだわけでもなく、自然に減っていく事から、天使が飲んだ「天使のわけまえ」と言います。
そんなロマンチックな話が似合うのも樽貯蔵酒ならではでしょう。


TOPへ戻る