本文へ移動
Google

神楽酒造株式会社
宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸144-1
お客様係:0120-44-8801
代表TEL.0982-76-1111
代表FAX.0982-76-1118


酒類製造・販売
お酒は20歳になってから。
お酒は適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒には気をつけましょう。
飲酒運転は法律で禁止されています。

詰口

厳重に異物チェックをする担当者
焼酎造りの最後の工程、詰口(瓶詰め)。
焼酎を詰めてラベルを貼って箱詰めされるまでにも様々な工程があります。
焼酎を詰める際に最も注意するのは、やはり異物の混入。徹底的に清掃された瓶詰室には二重に扉を設け、虫などの侵入を防ぎます。もちろん「本当に異物が無いか」を厳しくチェックし、わずかな異状も見逃さず、異物混入ゼロを目指しています。

ラベルを貼る際も同様に、「ラベル一つも品質」と捉え、貼ってすぐにチェック、箱詰め直前にチェックと、幾重にもチェックを施し、ラベル異状ゼロを目指しています。
「優れた焼酎をお客様にお届けする」という社是を胸に、蔵人達は最後まで妥協を許しません。
焼酎充填後の瓶はすぐにラベルを貼ります
ラベルをきれいに貼ります
段ボールに入れ、積み上げられた製品
瓶詰め部署を統括する岩切。神楽酒造の中でも従業員数の多い部署で気配りも多いですが、その中でも守るべきものがあります。

「お客様の口に入るものですので品質第一を心掛けています。部署をあげて「異物の混入ゼロ」を目指していて、瓶詰室の清掃、充填機の清掃などはもちろんですが、それらを洗う洗浄水のチェックも行っています。万が一、微小な異物が入ったものは見逃さずに製品ラインから外していますが、それだけでなくその後に研究室と共に『その異物は何なのか』『どこから入ったのか』などを徹底して追究し、改善しています。
他にも現在力を入れているのが作業のマニュアル化とチェックの可視化です。そうした一つ一つを徹底する事によって品質を守る事はもちろんですが、作業者の一人一人にその意識と緊張を持ってもらう事も目的としています。
品質を守るために作業者全員での改善は忘れません。」
TOPへ戻る