公式通販サイトへ
公式通販サイトへ

「長期貯蔵くろうま」JAL国際線ファーストクラス ラウンジ採用

2016.06.03

「長期貯蔵酒ひむかのくろうま」 

麦焼酎「ひむかのくろうま」を3年以上の長い年月をかけ樫樽で寝かせ長期貯蔵酒とし、さらに氷点下20度で冷却濾過することにより焼酎の最上の熟成味(キレの良さと芳香)をひきだした長期樽貯蔵酒の逸品です。この度「長期貯蔵酒ひむかのくろうま」はJAL日本の國酒『九州本格焼酎』応援プロジェクト企画により国際線ファーストクラスのラウンジに採用決定となりました。

日 本 航 空

「九州本格焼酎応援プロジェクト宮崎県の部 グランプリ受賞」
長期貯蔵酒ひむかのくろうま

「2016年6月〜8月国際線ファーストクラスラウンジで提供」

地域と共に「地方の元気」を創る「JAL新・JAPAN PROJECT」。その一環として九州各県の本格焼酎を応援するプロジェクトが焼酎出荷量日本一の宮崎県からスタートしました。
各蔵元の自信作の中から国際ソムリエ大越基裕氏監修の基にJAL選考会にて『長期貯蔵酒ひむかのくろうま』がグランプリに選ばれました。
2016年6月〜8月の3ヶ月間、成田空港、羽田空港、のJAL国際線ファーストクラスラウンジにて『長期貯蔵酒ひむかのくろうま』がご提供されます。

※JALfacebookでも発信されます。